借金の債務整理とは

Pocket

借金の返済が難しい場合、債務整理を選択する方法があります。債務整理には任意整理、民事再生、自己破産の3つの方法があります。債務整理といっても複数の対策があるため、どのような方法が適しているか迷う方もいるでしょう。どれを選ぶかによって今後支払う金額も変わり、リスクも違ってくるため詳しく比較する必要があります。

今後借金を返済する必要がないのが自己破産で、任意整理は一部のみを選択して支払い続ける方法です。民事再生では借金はなくならないため注意する必要があります。今後のリスクで想定されるのが、財産を手放すことです。任意整理や民事再生は手放す必要はないのですが、自己破産すれば認められるもの以外はすべて手放す必要があります。また、手続きが簡単で、裁判所の手続きを不要とするのが任意整理です。破産者名簿に載ると困る場合は、任意整理か民事再生を選ぶ必要があります。債務整理自体は、海外旅行に行けなくなる、会社に言わなければならないといったリスクはありません。

このように債務整理といっても種類があり、借金をゼロにすることを優先すべきか、今後のリスクを考えるべきかは、人それぞれです。借金をとにかくなくすなら自己破産ですが、自己破産するほどの借金がないなら任意整理のほうが向いています。持ち家がある方は、財産を手放さなくてもいい民事再生を選んで、借金を返しやすいよう対策する方法もあります。何を優先すべきかで選ぶ債務整理は変わってくるため、専門家が存在しています。今後債務整理を考えている人の専門家の選び方を紹介します。

Pocket

Post navigation