カテゴリー: 未分類

弁護士費用で比較

弁護士費用は大手より中小事務所のほうが安く設定していることが多いようです。大手は実績がわかりやすく、債務整理に慣れている弁護士が多く所属しています。その一方で中小事務所は安価になりやすい代わりに、口コミが少なく債務整理を依頼すべきか判断しにくいこともあります。必ずしも大手だから高い、中小だから安いということではないため、次に紹介する費用相場を目安に選んでみましょう。

任意整理の着手金の相場は、1社あたり2~4万円です。基本報酬は1社あたり2万円、減額報酬金は任意整理により減額できた金額の5~10%くらいです。基本報酬や減額報酬金は無料のところもあります。破産の場合は、着手金が20~50万円、実費が2~20万円以上です。財産がなければ20~30万円程度で済むのですが、財産が一定以上あると管財人による調査が必要となるため、高額の費用が発生します。民事再生は、着手金が30~50万円、実費が3~15万円以上です。住宅ローンの民事再生の場合は手続きが複雑になるため、費用が高額になります。

弁護士に支払う費用は原則一括払いのため注意しましょう。民事再生のように借金を帳消しにできない場合は、弁護士費用と借金返済が重なってしまわないよう、弁護士事務所でも対応してくれます。

弁護士の選び方

第一に重要としたい部分が、借金の返済を専門としている弁護士を選ぶことです。気軽に弁護士に依頼できるところとして、法テラスや弁護士会があげられます。これらの紹介なら債務整理でも安心と考えてしまうのではないでしょうか。実はどの弁護士が選ばれるかはわからず、かならずしも債務整理に強い弁護士を紹介されるわけではないのです。弁護士の紹介はランダムなため、たまたま債務整理の経験が少ない弁護士に当たると、時間がかかったり、適切な債務整理が選べなかったりします。債務整理を専門にしているかは、弁護士の公式ホームページを見ればわかることです。債務整理の解説も丁寧に掲載され、事例も載せてあるとベターです。実績は多ければ多いほどよいでしょう。

また、適切な債務整理を弁護士が選択できるよう、ヒアリングが丁寧な弁護士に依頼しましょう。初回無料相談を掲げている弁護士なら、初めて相談する際にお金はかかりません。債務整理の場合は、債権者の状況に応じて適切な方法を選択する必要があるため、どれだけ情報を聞いてくれるかでその後の状況が変わってきます。ヒアリングが不十分だと、自己破産すべきところを読み間違え、任意整理を選択してしまい、結局自己破産の手続きが必要なこともあるのです。

借金の債務整理とは

借金の返済が難しい場合、債務整理を選択する方法があります。債務整理には任意整理、民事再生、自己破産の3つの方法があります。債務整理といっても複数の対策があるため、どのような方法が適しているか迷う方もいるでしょう。どれを選ぶかによって今後支払う金額も変わり、リスクも違ってくるため詳しく比較する必要があります。

今後借金を返済する必要がないのが自己破産で、任意整理は一部のみを選択して支払い続ける方法です。民事再生では借金はなくならないため注意する必要があります。今後のリスクで想定されるのが、財産を手放すことです。任意整理や民事再生は手放す必要はないのですが、自己破産すれば認められるもの以外はすべて手放す必要があります。また、手続きが簡単で、裁判所の手続きを不要とするのが任意整理です。破産者名簿に載ると困る場合は、任意整理か民事再生を選ぶ必要があります。債務整理自体は、海外旅行に行けなくなる、会社に言わなければならないといったリスクはありません。

このように債務整理といっても種類があり、借金をゼロにすることを優先すべきか、今後のリスクを考えるべきかは、人それぞれです。借金をとにかくなくすなら自己破産ですが、自己破産するほどの借金がないなら任意整理のほうが向いています。持ち家がある方は、財産を手放さなくてもいい民事再生を選んで、借金を返しやすいよう対策する方法もあります。何を優先すべきかで選ぶ債務整理は変わってくるため、専門家が存在しています。今後債務整理を考えている人の専門家の選び方を紹介します。